読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番収集記R

様々なピアニストによるラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」の録音を収集。聴き込んだ上で、独自の基準により採点、ランキングし、それを公開するサイトです

20位:ハフ

11位~20位 ランキング

スティーヴン・ハフのピアノ。リットン&ダラス交響楽団。ライブ録音ということもあり、もう完全に個性的な熱演。

具体的には、ヴァーシャーリやワイセンベルクといった、ギラギラして艶っぽい雄大な演奏、聴きこむほどにジワジワくる演奏とはちょっと違い、かといって、ホロヴィッツやボレットといった超爆演でもない。1番近いのがレーゼル盤やヴォロドス盤といったところですが、それらを、一回り力強く・より激しくした感じ。

ということで、「適度に」という生やさしいものではなく、十分に激しい熱気を帯び、かといって、爆演(一歩間違うと目茶苦茶)まではいかない。ある意味、理想的な力強さと迫力を備え、絶妙なところで踏みとどまる名演。

なにしろ、ライブにもかかわらず完成度が高く、ミスもほとんんど見受けられません。ようするに、おそらく、3番に求められる一般的基準からすると、まさに全てを満たす絶妙な出来といえるはずです。